アラサー過ぎてこそ髪には“ハイライト”を入れるべし!

昔からカラーリングが好きで、ちょこちょこ髪色を変えていました。でも、ハイライトは入れていなかった。それはなんかギャルっぽくて嫌だから。しかも私の顔で似合うのか?みたいな。

でも昨年、32歳にして初めてハイライトを入れました。そしたら結果、めちゃいいじゃないの!!!今は断言します。三十路過ぎてこそハイライト。

ってことで、本日はアラサー・アラフォー・アラフィフに伝えたいハイライトのすすめ。

ハイライトのメリット

白髪が隠せる

私がハイライトをした一番の理由がこれです。私、童顔だけど髪をペラっとめくると白髪が結構あるんです。かれこれ27歳くらいから。今も表面には出ていないけど、やっぱりアラサー女子なのですね。本数は増えてきました(涙)。でも抜くのも嫌、めんどくさい。だけどカラーした髪からニョキっと現れているのをみると泣ける。

そこで考えた。「ハイライトを入れたら白髪もハイライト部分に馴染んで目立たなくなるんじゃ?!」って。はい、安直。で、いざしてみたらどうだ?!


はい、入れてみました。これだとあんまりわからないかな? 私入れるといっても、基本落ち着いたカラーにするので最初からそんなにハイライトと他の髪の差が激しくないんです。

でね、入れてみたら気分的にどうなったかって? 楽になりました。「自分には白髪がある」っていう気負いはなくなった気がする。ハイライト部分と白髪が馴染んで、白髪って感じがしなくなったから。ストレスは減りました。

が!!!しばらくして衝撃の事実。白髪ってハイライト入ってないところに出てくるのよね…白髪には意思がある。そうわかった瞬間でした。なので、本当に紛れてるかもしれないし、紛れきれてないかもしれません。

髪をお手入れしている感がある

ハイライトを入れているだけで、なんかおしゃれというか、髪をお手入れしている感が出るんですよね。なので私みたいなズボラ女子にはすごい楽。一回染めればきれいに見える。超楽チン。

カラー直後も、色落ち後も楽しめる

最初から自分の髪で色違いを楽しめますが、ハイライトの醍醐味は何といっても色落ち! 色が落ちるほどにハイライト部分とその他の違いが出て、ハイライトの明るさが際立ちます。まさに経年変化!だから、プリンになってもハイライトが良くて美容院行かなくなったりする。それもそれでどうかと思うけど、そんだけ髪に味わいが出るのよ。

「若者しか似合わない」は大きな誤解

ハイライト入れて思ったのは、別にアラサーでもアラフォーでもマダムでも、ステキな髪になる♡髪に立体感が出るから女性は魅力的に見えると思うの。ほら、髪は額縁っていうじゃないですか? 髪にコントラストができて動きが出ることでそんなに大した美人でなくても、髪を美しくしただけでぐぐっと美しくなると思いました。

なので、年齢は関係ありません。まっきんきんでなければ下品でないし、実際に私のハイライトヘアーを見て「髪色ステキね、私もしようかな」と言ったマダムたちが多いの。いんや、逆に歳重ねてからのほうがハイライトおすすめです! ボリュームが出たように見えるから年を重ねて髪の毛の量が少なくなったのが気にある人には救世主なわけですよ。

ハイライトのデメリット

いいことづくめかと思いきや、ちゃんとデメリットもあります。何事もプラスマイナスはあるわけだよね。デメリットは2つです。

・切れ毛増えまくり!

・プリンになったらあっという間にギャル!

この写真リアルw

ハイライトはブリーチして色を抜くのでやっぱりダメージはあるわけです。なので毛先はマジですぐ痛む!すぐに切れます。

髪がプリンになる頃には、髪全体が色落ちしています。色が抜けるとギャル感がめちゃ出ます。汚らしい印象に。コギャルって感じ。常に品良く大人のハイライトを楽しみたいなら、こまめに美容院行かないとですね。

まとめ

って感じです。いかがでしたか? まぁデメリットがあっても私はこれからもハイライトをします。メリットと比べてデメリットを考えると全然少ないからね! やっぱり女は髪が命。

綺麗だと心も弾むってもんです^^ハイライトをしてみたい人は是非お試しあれ♡