2018年はどう⁈ 起業女子のトレンドはこれだ!

ここ3年くらいブームだった起業女子。個人事業主になり、自分をSNSで売り込む女性たちのことを指しますが、今は勢いも鎮火。私が思うに、売れっ子起業女子が経営者になり、一区切りついたムードが流れたからでは。同時に私も飽きて追わなくなりました…が! 久々に見て「次世代が出てきてまた楽しくなってきた!」と思い、興味再燃……のはずが、やっぱりクールダウンしました(笑)。

ってことで、なんで私は冷めたのでしょうか? 現在の起業女子のトレンドを紹介しながら解説します。

 

今の起業女子トレンドはこれ!

過去記事『起業女子ブーム再燃!起業女子も変化していた!』で、私の起業女子ブーム再燃を書きましたがね…あっという間にテンションが下がった理由。それは、みんなおんなじで個性がないから。起業女子はなぜかみんな同じことをする傾向がある。ザ・日本人って感じ。そんな彼女らの今のトレンドはズバリ!ゆるふわ系。

さて、ゆるふわ系とはなんぞや?

 

どんな働き方?

ゆるふわ系とは、いつもキレイ目のファッションで、ホテルラウンジやカフェ・自宅にてPC一台で仕事をするんだけど、その様は決して無理せず優雅に、好きな時にやるスタイル。彼女らのロールモデルで代表的なのが、2015年に『可愛いままで年収1000万円』(WAVE出版)を出版した著者のワークライフスタイリスト・宮本佳実さん。彼女のような働き方をする起業女子です。

ゆるふわ系女子の仕事とは?

提供しているサービス内容は、私から見ると大抵自分の分身を作るようなスタイル。自分と同じような働き方の女性を増やす起業コンサルが多い。

で、そこに引き寄せの法則を絡めて「自分を愛すれば豊かになって、美も富も手に入れる!」って感じ。ビジネスノウハウよりもマインドセット。引き寄せやすい体質になるマインドをレクチャーしてるって感じですね。

でね、だいたいアメブロで告知や集客をしますが、書いてあるのは「ゆるっと稼ぐ」とか「自分らしく」「自由に」。働き方を表すワードは女子が好きそうな感じ! こういう言葉を乱発してます。

 

私が興ざめした理由

私が再燃しなかった・興ざめした理由は、薄っぺらいと思っちゃったから。

確かに彼女らはお金も稼げるようになり、理想の生活になったかもしれない。けど、それほど実績もなく、長い時間を費やしてないのに、自分の働き方を豪語しているところに甘さというか、短絡さを感じたわけ。だって、一般女性に毛が生えたような人がうじゃうじゃと、この同じようなスタイルを提唱していて、どんぐりの背比べに思える。

なんで薄っぺらく感じるのか?

もちろん時間をかければいいというわけではない。でも、やっぱり何かを体得した人・オリジナルのメソッドやノウハウを生み出した人は、そこに行き着くまでにトライアンドエラーや自問自答を繰り返す。それってそう簡単にできるものではないし、やっぱり時間はかかるもの。そんな深い経験が、放つ言葉に重みを持たせる。

「自由に自分らしく」と語っていても、完全に自分のものになった人の言葉は響くし、深い。でも、ちょっとコツを掴んだだけの人は、自分の経験も少なく、それを表現する言葉のバリエーションや経験談の数が少ない。私がゆるふわ系の大半に薄っぺらさを感じたのは、ここにあります。似たりよったりの上部だけをリピート書きして、自分の色を感じないのよね。こう思うのは私が物書きで、言葉の重さや響きを重視してしまうってのもあると思いますが、やっぱり文章ってその人の深みや内面がにじみ出るんだよね。

実際メジャーになった起業女子はやっぱり経験がある。まぁ、ないのに売れた人もいるけど(笑)私が起業女子に辟易したのが、なんちゃって体得者の彼女たちの、そのアピールぶりなのかもしれません。

ってことで、私が冷めたのはそんな理由。たくさんいるゆるふわ系から本物や真髄をついてる人を探すのは、至難の技かもしれませんね。