ライターになる前の私〜「そういや私、迷走してた」①

ここ最近取材ラッシュ。商店街に飛び込み取材したり、いいネタあったらすぐ交渉したり。私も記者っぽくなってきて、すっかりライターとして走ってるから嬉しい日々。写真みたいに毎日心はホップステップジャンプ!

そんな私だけど、こうなる前は約1年くらい迷走していた。そんなことをふと思い出した。今回は、仕事や今後の自分に迷っている人に送りたい。私の経験談です。

退社後、手に職が欲しかった

会社員として最後に勤務したのは某家具店。はい、あの親子ゲンカ勃発した会社です。もう阿呆らしくて辞めた。結婚してもう生活に困ることはなくなったし、部署異動して肌に合わなかったのもあってサクッとやめやんした。

辞めてから約1週間後、専業主婦は合わないと思ってバイトを探し始めたんだけど、せっかくやるなら前から興味があったオーガニックコスメ系にしようと決意。

いっそのこと資格を取ろうと思った。それでもって、資格取得して店舗経験もあればフリーでやっていけるんじゃ?と思って資格もバイトも同時に始めた。

いいなと思うお店が見つかりすぐ受かり、資格も勉強し始めて一発合格(ギリだけどねw)これからはオーガニック系を極めよう!って思ったのね。

今思えばこの時から、もう会社員にならないことを強く心に決めていたのです。

決意した後に衝撃が走る!

新しい目標もでき、ルンルンしていた私。なんだけど、ここで新しい働き方を知ったの。それがいわゆる起業女子だ!

すでに新しい資格をとろうと講座にも通い勉強していたんだけど、彼女たちのブログを基軸にして稼いでるという摩訶不思議なスタイルを知りびっくり。ブロガーとか、ブロガーの中途半端な感じとか、あとやたらコーチングも多くて何が何だかわからなかった。

しかもやたら自撮りするし。見るに耐えない人・ぱっとしない塩顔も必死で撮りまくってるの。なんでそんなに自信満々にとるかさっぱり理解できなかった。w

でも、もとから文章を書いたり発信したりが好きな私からしたらすごく羨ましくて、いつしか起業女子のようになりたいと思うようになったのです。

こっから私の暗黒時代が始まる。

ということで続く。