私が「キラキラ起業女子」に飽きた理由。

これまで散々起業女子について書いていたのに、ぱたっと書かなくなってしまった私。

それは、飽きたから。

SNSを巧みに使い、収入も羨望の眼差しも手に入れた売れっ子キラキラ起業女子たち。

そんな彼女らの動向を追っていたんだけど、びっくりするくらい熱が冷めてしまったのです。

きっと、私のような人もいると思うんだよね。ってことで、私が起業女子に飽きてしまった理由を今日は書きまする~

キラキラ投稿に飽きた

私はブランディングが苦手なんだけど、彼女たちはSNSを通して日々ブランディングをしている。

その大半は、稼ぎを得てラグジュアリーな生活を手にし、8割がた自慢のような投稿(そうでない方もいる)。

しかし、見続けているとだんだん飽きて、スパムのような感覚になったのです。

当初は私も反応し「ああいう生活をしたいな」と思ったけど、だんだん見ていくうちに疑問が湧いた。

本当私はこうなりたいのか?と。

憧れる部分はあるが、物質的な豊かさばかりをアピールする投稿は、だんだん薄っぺらく感じてきてしまった。

かと言って、物資的豊かさがいらない!というわけではないけど、似たような投稿に新鮮味を感じなくなってきたんですね。

量でなく質の時代

SNSのいいところは、認知されて人気になると見られるようになり、ちょっとした有名人になれること。だから、いいね!の数・ブログならばPVの数を気にする。

私もブログを書いてるし、認知を上げようとここにこだわっていたけど、最近「いいね!の数じゃないんだなー」って実感することが多々あった。

数値が多くなくても、良い情報を発信したり、継続をしていれば、見ている人は見ているし、仕事にも繋がる。これについては、今度私の体験談を書こうかと思います。

まとめ

SNSは有効ではある。でも、見る側も慣れてしまって、バブリーな投稿や数値の高さで惑わされなくなった気がします。

私が起業女子に飽きたのは、投稿が目に見えるものばかりでのアピールしかなくて、心が動かされるような真言がなかったから。

他人の心に寄り添うような投稿をしている感じがしなくて、全部自分の利益追求のためって印象を受けてしまったから。

キラキラ起業女子の活躍は刺激されるし、もっと自分も頑張ろうと思うけど、彼女たちの姿はあくまで参考としか思わなくなって、私は私のスタンスでコツコツしようと思ったのであります。