後輩を見て思ったこと「男によって変わる女もいいもんだ」

20代の頃、男に染まる女が嫌いだった。だって、自分がない感じして「お前には個性や譲れないものがないのか!!!」って思ったんだよね。

でも、結婚して、32歳にもなると考え方も少し丸くなったようで。最近彼氏ができた幸せそうな後輩を見て「男で変わるのもいいものかも」なんて思ったのだ。

 

のめり込んで、相手に合わせる

後輩は優しく人の痛みがわかるいい女。でも、ここ数年は報われない恋をしていた。

いい子って人の喜ぶこと・嫌なことがわかるから、相手に合わせようとする節があると思う。おまけにノリもよければ、サービス精神から「こんなことまであなたにしちゃうよ!」って感じで相手に尽くすこともあるかと。でも、それがあまりに前のめりすぎると、自分を押し殺して、相手に全部合わせちゃうことってあると思うの。それは痛いけどね。

彼といる間はすべて彼に合わせる。彼といる間の言動は彼好みのもの。そこまでは今でもどうかなーと思うけど、一緒にいい関係を構築するために習慣を変えることは、とてもいいことだと思った。

 

2人で幸せになるために合わせる

てのも、私の後輩は喫煙者だったんだけど、彼氏がタバコ嫌いだからやめたんだって。それを「私、男で変わるから〜」と幸せそうに言う姿を見て「あぁ、彼氏のためとはいえ、自分の幸せのためでもあるんだな」って思ったんだよね。

合わせることは個性がないんじゃなくて、相手を想ってのことでもあるんだなー、なんて感じた。相手を思う行動は、2人の愛を深めるにも重要なことだもんね。

自分の感情を封じ込めたり、性格を変える必要なんてないけど、彼といい関係を作るのに何かを手放す姿に、とっても感銘を受けたのだ。大袈裟と思われるかもしれないけど、私みたいに気が強い女には、相手に合わせる“女のしなやかさ”ってのはとても美しく感じる。

そんな風に思えるようになった私も、だいぶ丸くなったなぁ。そして、私ももっと夫に合わせるようにしよっと。

 

【関連記事】

女子グループあるある〜「なんで私を誘ってくれないの!」事件

こんな女にはなりたくない!実録・福田が見たイヤな女たち

無所属女子のぼやき〜私が女子グループを嫌いな理由

ワーママが悪⁈出る杭は打つ、それが女社会