全然キラキラしてない!キラキラ起業女子界のドロドロ

最近よく起業女子のトラブルを耳にする。“キラキラ起業女子”なんて言葉もあるけど、本当に心底キラキラしている人って実は少ないみたい。見た目は華やかだけど、暗黒の闇が広がっているようです。

ということで本日、私が聞いた起業女子界のドロドロについて。キラキラ起業女子に憧れている方は、一見の価値ありよ。

 

商品・サービスをまるパクリ

「商品をパクられた」ってことはよくあるみたい。確かに、いいロールモデルを見つけたら多少はパクりたくなるもの。いいところはパクって、自分のものにする。これはビジネスにおいて欠かせないこと。モデリングなんて言葉もあるしね。

しかし、このパクリにも度合いがある。っていうのも、最近起業友だちから聞いた話。商品だけでなく、なんと告知文までまるパクリした女がいるらしい。

もちろん、パクられた側は大激怒。でも、そこまでパクれるって肝っ玉座ってるわ。
しかも、決め手のセリフはこれ。

「だって、●●ちゃんがこれ売ったって全然売れないから、私が売ったほうが売れるかなーと思って♡」

すげーよ、この女。マジで心臓に毛が生えているとしか考えられない。

これは私が聞いてきた中でもトップクラスのパクリ具合だが、パクリ合いは日常茶飯事。これで親交ががなくなるのは言わずもがな。

 

仲間が消えていく

起業塾の門下生が、恩師の元から離れていくのはよくある話。その恩師の横暴ぶり・人を小馬鹿にする姿勢・いいように利用しようとする姿勢に呆れて離れていくんだとのこと。もちろん、全員が全員ではないけど、そんな噂をよく耳にする。

SNSでは、それまで一緒に写っていた仲間は1人もおらず、どんどん新しい子が追加されていく。うーん、人の入れ替えが激しい人って、その人の人徳について表してる気がする…。これはあくまで私の感想だけどね。

もちろん、卒業したら別にいつも一緒にいるわけではない。だけど、取り巻きたちがガラっと変わることが多いなら、そこから読み取れるものは言わずもがなって感じかな。

 

詐欺まがい

「私の○○に入れば、絶対に月商7桁いきます」とか「私の投資クラブは絶対に△△万利益が出ます♡」なんて甘い言葉をかけてくる起業女子がいるようだが、そういう「絶対」「確実」を多用したり、どうにもうますぎる話を持ちかけてくる起業女子は要注意。特にお金関係はね。

 

ディスり合い

結構売れてSNS界のカリスマになっている起業女子は、自然とコミュニティが大きくなるもの。そうすると、自分のコミュニティが1番、自分が1番って思うようになる。いわゆる派閥になるわけ。すると、気に入らない派閥に対して、女子の群れる血が騒ぐのか、ディスり合いするようになる。

また、昨日までは仲が良かったのに、自分と同レベルでないと思った起業女子に対して陰口を叩き出す。てか、同レベルって何よ?って話だけど、わかりやすいのがお金。

例えば、一緒に買い物に行って、自分と同じように散財できない人がいたらあの人はそんなに稼いでないから、私とステージが違うのよね」とか「結局旦那の財布で生きている」とかさ。

そんな金銭事情でディスるって最低じゃない?そんな話があるというこの事実。

 

まとめ

そう、結局キラキラしていても、内情はドロドロしているのが起業女子の世界。だって女だもん。たくさん集まれば問題も起きるよ。起きない崇高な空気のコミュニティもあるけど、ごくわずか。結局女って、起業女子だろうがなんだろうが、集まるとドロドロしてくるのですね。

【関連記事】

女子グループあるある〜「なんで私を誘ってくれないの!」事件

こんな女にはなりたくない!実録・福田が見たイヤな女たち

起業女子界が変わりつつある!?「脱・起業女子」の3つの変化(1)

起業女子界が変わりつつある!?「脱・起業女子」の3つの変化(2)