OL・パラキャリ・起業女子…多様化する「女子のお仕事」事情

ここ数年で、一気に起業する女子が増えたのをご存知だろうか?
巷ではこれを“起業女子”と呼んでいる。

私が正式にフリーランス(個人事業主)になったのは昨年5月。それまでは新卒から8年間会社員でした。
そう、いまや私も“起業女子”の1人ってわけ。

起業していなくても、会社員をしながら自分の得意分野を生かして副業をしている女子も多い。
これを“パラレルキャリア”と世間では呼んでいる。

企業勤めではパッとしなかった女子が、起業をして大成功!
大輪の花を咲かせ、稼ぎまくっているなんてこともざらにある時代。
ノリに乗っている起業女子の一部には、会社員を小馬鹿にしたように言う人もいる。
(多分、自分が会社員のとき辛かったからだと思う)

要は、会社員にしても、副業するにしても、起業するにしても、女子の働き方は実に多様。
いろんな働き方がある世の中になったのだ。

 

仕事に何を求めるの??

周りと比べてスランプに

私は昨年1年間でいろんな起業女子と出会い、見つめ、自分と照らし合わせてきた。
彼女たちを見ながら、

「私はどんな働き方をしたいんだろう?」

「私は仕事で何をしたいんだろう?何の仕事がしたいんだろう?」

「働くうえでの優先順位って何?」

「本当に稼ぎたいの?お金が入ればそれでいいの?」

 

 

そんなことの堂々巡りで、スランプになるくらい悩んだ。
意味のない嫉妬もした。会ったこともない人にライバル心を持っていた。

 

勝手に意識して、心を消耗したときもありました。

 

 

昨年は悩み多き1年だったけど、その分自分がどうしたいのかがやっとわかりました。
辛かった1年も、今となっては「自分の働き方を明確にするために必要な期間だったんだ」、と素直に思えます。

 

働き方は十人十色・正解は1つでない

私は自分自身が納得していればどんな働き方でもいいと思うし、自分に満足している人は素敵だと思う。

でも、人間って浅はかだから、時に周りと比べて自分の方向性がわからなくなっちゃうんだよね。
もしくは、自分の働き方を絶対と思って、周りを否定してしまうこともある。

 

 

でも、そんなの違う。

働き方は人それぞれ。
そして、働き方はその人の生き方そのものでもあると思う。
だから、どんな働き方があってもいいんだよね。

 

このシリーズでは、多様化する女子のお仕事事情についてあれこれ書いていこうと思います。

 

目的は1つ。

働き方に正解はない。
だからこそ、他人とを比べる必要なし!

 

そんなメッセージを、いろいろな女子の働き方を綴ることで、伝えていければなぁと思っています。

 

 

働き方は人生。
自分の正解を作るのは自分次第。

自分の働き方に悩んだり、周りと比べて落ち込んでしまう女子に向けて、このシリーズを捧げます。